メインイメージ画像

コンタクトレンズの付け方を確認しながら練習していきましょう

メガネを掛け続けるという煩わしさを解消するためにコンタクトレンズに変更してみたものの、付け方が本当に正しいのかどうか分からなくて悩んでいるという方もいらっしゃるかと思います。いざ自己流で付けてみようと思っても、目に入れるのが怖くて結局コンタクトレンズを諦めてメガネに戻ってしまったなんて経験のある方もいるはずです。でも最初は誰でもコンタクトレンズの初心者なのですから、付け方が分からなかったり過剰に怖がったりしてしまう気持ちというのはよく分かります。

ではそんなコンタクトレンズの付け方を迷っている方に簡単に説明いたしますが、コンタクトレンズの種類は1日で使い捨てるタイプの物を代表として紹介します。まずコンタクトレンズをどちらの手でもいいですので人差し指の上にそっと置き、コンタクトレンズを持っていない方の手で入れたい方の目を大きく上に見開くように開けます。そしてコンタクトレンズを持った方の手の中指で目の下部分を開き、黒目の所にピッタリと合うようにしてコンタクトレンズを乗せます。

この際にどうしても目に異物が入るのが怖いという方も当然いるのですが、これは慣れによって克服できる問題ですので根気よく頑張ってみることが大事かと思います。きちんと黒目の部分にコンタクトレンズが乗ったのなら、最後は急がずゆっくりと支えていた指を離して目を閉じたらコンタクトレンズ装着完了となります。この際にコンタクトレンズを正面から付けないと間違った位置につけてしまう可能性がありますので、鏡をしっかりと正面から見て装着するように心がけましょう。

更新情報