メインイメージ画像

コンタクトレンズの費用は種類によって違います

1枚当たりのコンタクトレンズの費用は、製品のタイプによって異なる事が特徴です。基本的には寿命が長いハードやソフトのタイプの製品よりも、使い捨てのタイプの商品が安めの傾向です。1日だけの使い捨てのコンタクトレンズは、1ヶ月に換算すると数千円から5千円程度の費用が掛かります。年間に換算すると少なくとも数万円以上は掛かりますが、毎日新しい製品を使用する事で衛生面に関して安心である事がメリットです。

同じコンタクトレンズを継続して使う事が無いので、管理をするためにケアの商品にお金を掛けないで良いので、価格や品質によっては1日だけの使い捨てのタイプがお勧めです。一方で、数週間から1ヶ月程度使用できる商品に関しては、ケアをしないで使用の継続を行うと目の健康に影響を与える事を考えて、ケアに必要な商品を別途で購入しなければならないです。管理をするために必要な製品は千円程度で購入する事が可能で、価格に関してはあまり掛けないで良い事が特徴です。

汚れなどを落として、目を安全に守るためにケアの管理に時間を掛ける事が重要です。一般的に販売されているソフトのコンタクトレンズの価格は、両目の専用の商品でも2万円から5万円が一般的な相場です。ハードのタイプを購入する時、高品質な商品の場合は5万円以上も掛かる事があります。

コストを重視する場合、数年から10年程度のスパンで使用する事を考えると、ソフトやハードのタイプを使用する事がコストパフォーマンスとしては優秀です。通販などでワンデーの製品を購入する場合に、予算を鑑みて買う時は処方箋が必要としないサイトで購入する事でコストを抑えられますが、近年は処方箋を付けて買うと安くなるサービスを行っているサイトも多いです。製品の品質や寿命などの条件を考えて通販のサイトを選ぶ事も重要ですが、機能性やサービスなどを意識した購入の方法を駆使して自分に合っているタイプの商品を買ったり、お得になる知識も取り入れていく事が必要です。

更新情報